シマボシ ディープクレンジングのレビュー…唯一悪いところと最安値の情報も《shimaboshi》

シマボシ(shimaboshi)ディープクレンジングジェルを使ってみた私の口コミ!

黒ずみ毛穴レス肌に導きエイジングケアまで、お肌の大きなお悩み2つを、たったコレ1本で解決してくれるのがシマボシ(shimaboshi)のクレンジング

こんにちは、今日はそんなシマボシ(shimaboshi)ディープクレンジングジェルのレビューをお届けしたいと思います。

シマボシ(shimaboshi)のクレンジングにご興味をお持ちの方は、どうぞ1つの意見として参考にしてみてください。

★☆★ 私がシマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングに興味を持ったきっかけ! ★☆★

仕事柄メイクをしないわけにはいかないので、クレンジングは欠かすことが出来ません。

でもメイクをしっかりと落としているのにも関わらず。毛穴の黒ずみは徐々目立ってきて、ボコボコと空いた毛穴の開きも気になるし、すっぴんになると、とてもじゃないくらい見られない状態にとなってきていたんです。

それで更にファンデーションが濃くなってきっと、そのせいもあってお肌への負担も大きくなりと、悪循環に陥っていました。

毛穴パックを使ってみるも、期待するほどの効果は感じられません。

よっぽどひどいのでしょう。

お肌への負担が大きすぎると知っているので、パックの回数で稼ぐわけにもいきません。

更にくすみや毛穴開きをケアする製品も買っていたら、美容費の負担が増える一方でした。

値段が高くとも、効果が得られるのであれば投資として納得いきますが、お値段に比例することはありませんでした。

そんな中でLINEの広告で見つけたのが、シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングジェルです。

多数の雑誌に掲載されており、朝日新聞や読売新聞・Infoseekに東洋経済など美容雑誌に留まらず、様々なメディアにも出ているようです。

ここまで知名度があるんだったら、このクレンジングとはいつかどこかで出会う運命だったのかもしれません。

私がシマボシ(shimaboshi)のクレンジングに惹かれたのは

「この1本で・2つの悩みを根こそぎごっそり」

という謳い文句!

オールインワンのように5つも6つもの役割を果たしてくれる製品となると半信半疑になりますが、黒ずみ毛穴とエイジングケアを同時に解決できるクレンジング剤というならアリかもしれない…とスーッと頭に入ってきたのです。

とにかく毛穴が気になっていたし、何より年齢を重ねる中でのお肌の衰えを悩んでいたところ、たった1本で解決できるなら願ったり叶ったりと思ったのです。

★☆★ シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジング…特徴や成分について詳しく調べてみた! ★☆★

とにかくシマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングに強い興味を持ったので、詳しく調べてみました。

まずはテクスチャーですが、なめらかで美容液のようなジェルタイプだそうです。

この中に分解酵素のケラトリンといものが配合されていました。

すなわち酵素の力で汚れを分解してくれるということで、お肌全体に成分が馴染むことで、硬くなったお肌も汚れも柔らかくしてくれ、汚れを包み込み、酵素の力で分解して残さず洗浄してくれるそうです。

年齢を重ねて開きっぱなしの毛穴のなかには、皮脂やメイク汚れが詰まって酸化し、それが黒ずみの原因となっています。

通常のクレンジング剤では難しいそんな汚れを、シマボシ(shimaboshi)のクレンジングジェルなら正に根こそぎ撃退できるのです。

ところが毛穴の中がクレンジングで綺麗になっても、開いたままだと、見た目も良くはありませんし、更に再び汚れが入り込んできます。

そこでシマボシ(shimaboshi)のクレンジングに配合されているのがEGF・ヒト幹細胞という成分です。

この成分は細胞活性をサポートしてくれて、毛穴開きやたるみといったエイジングサインを見逃さず、もう一度若返らせてくれると言うのです。

他にもアルガンオイルやケラトリン、ダマスクローズにマルチトールと、植物由来のお肌に優しい美容成分が全体の95パーセントを占めてると言います。

このようにシマボシ(shimaboshi)のクレンジングはただ単に化粧を落とすだけでなく、さらにスキンケアもできるというわけす。

まさにシマボシ(shimaboshi)のクレンジングだったら毛穴の洗浄とエイジングが同時に叶うのです。

これだったらお肌がデリケートな私でも安心して使えそうです。

いままでメイクを落とすたびに、ため息をつくこととなっていたのは、コンシーラーなども利用しながら、とことん隠していたお肌のアラがあらわになったからだけではなく、クレンジング剤そのものに問題があったのかもしれません。

★☆★ シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジング…評判はどんな感じ?…口コミを調べてみた! ★☆★


シマボシ(shimaboshi) クレンジング 口コミ
※出典:シマボシ(shimaboshi)のクレンジング【口コミ】@コスメ
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


こういったコスメって、公式サイトには良いことばっかり書いてあります。

ですので、シマボシ(shimaboshi)のクレンジングを実際に使った方の口コミはどうなのかを調べてみました。


sunrisecosmeさん 40歳 敏感肌

クレンジングなのに肌への負担がほぼない!洗い立てはしっとりなジェルクレンジング。

ジェルだけど重くないテクスチャで伸ばしやすい。

急いで化粧水をつけなくても大丈夫。なんなら化粧水をつけなくても大丈夫そうな保湿っぷり。

小じわには速攻で効いてます。


たけぽんぽんがよわよわさん 28歳 普通肌

Wエッセンス美容液と合わせて買っちゃいました!

洗浄力と優しさを兼ね備えたクレンジングを求めてジプシーしてましたが、これでやっと終わるかも♪(´ε` )笑

クリーム好きだけど、ジェルもいいなーって思えました(°▽°)

メイクもしっかり落ちて、ジェルだからとにかく肌に優しい!刺激がなくてとっても気に入りました!


正風さん 31歳 混合肌

クレンジングジェルは正直あまり期待していませんでした(・・;)

ジェルでもホットクレンジングとかじゃないとしっかりメイクを落とせないのでは?

やっぱりオイルみたいなものじゃないとスッキリ落ちないのでは?と思ってました…

けど、こちらのジェルは1度のクレンジングでメイクや汚れがきっちり落ちたので、すごく驚きました。

そんなにこすったりしなくてもスルンと落ちる感じで、肌へのダメージも最小限に抑えられる感じです!

しかも洗いあがりに肌が突っ張る感じもなく、混合肌の私にとってはとても相性のいい商品だと思いました!

まだ使用して少ししか経ってませんが、毛穴の黒ずみや開きもケアできるそうなので、これからも使い続けてみます!


美容らぶ★さん 29歳 混合肌

ジェル状クレンジング。

濃厚なジェルで、メイクに馴染ませていると質感が溶けてくようなスルスルと変わって心地良かったです。 マスカラはリムーバーが必要でしたが他は綺麗に落ちてくれました。

洗い上がりは、しっとり。

クレンジングで毛穴ケアとエイジングケアが両方できるということで、毎日愛用中です。


mimichannomamaさん 30歳 乾燥肌

ジェルってしっかりメイクは落ちにくいイメージありますよね。

でも私はマツエクをしているので、オイルは目元には使えないんです。

テクスチャーはミルクよりでやわらかいです。

かなりするする伸びます。

驚きなのは、一瞬なでただけでアイシャドウするりん。


口コミをそのまま、ほんの一部ですがご紹介しました。

するとシマボシ(shimaboshi)のクレンジングに対するその大半は、良い口コミとなっていました。

クレンジング剤というと化粧を落としてくれるけれど、一緒にお肌に必要なものまで取り去ってしまうからか、使用後はツッパリを感じる方も多いです。

だからこそすぐに化粧水をつけねばならず大忙し。

シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングジェルなら保湿感たっぷりで美容液のような付け心地だそうです。

ジェルと美容液の中間といったテクスチャーの液体は、お肌に乗せるとスーッと伸びてくれるそうです。

柔らかく、でも垂れてくることはないので、服を着た状態で洗面所でだって使用できます。

すべりが良いからこそ肌への負担も少なく、それでいてしっかり付けたファンデーションも、リップもアイメイクだって綺麗に落ちてくれことでしょう。

濃いメイクが2度も3度も使わなくとも一度できっちり落ちるようで、クレンジング剤としての性能も良い印象を持ちました。

鼻の辺りもクルクルと馴染ませてやると黒ずみが減ってきたということで、ケラトリンが抜群の洗浄力を見せてるようです。

ハーブのような香りが心地よいという方もいらっしゃいました。

ストレスフリーで使用できるクレンジング剤といった感じで、皆さん満足されていました。

シマボシ(shimaboshi)のクレンジングはAmazonベストセラーでも第1位をとったことがあるみたいですし、30代40代50代女性の選ぶエイジングケアブランドの1位も受賞したみたいで、なかなか実力のクレンジング剤です。

ただ人の肌質はそれぞれ異なり好みも違うので、イマイチという口コミも無いわけではありませんでした。

さっぱりが好みの方にとっては、かなりしっとりの洗い上がりが不満で、ダブル洗顔しているという声がありました。

気になってたメイク落ちが悪い、肌が荒れてしまうというのではなく、ただ単に好みの問題というだけのようなので、これだったら一度試してみる価値はあると思ったのです。

★☆★ シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングを使ってみた! ★☆★

それでシマボシ(shimaboshi)のクレンジングを早速注文してみることにしました。

安く試すことのできるとこを見つけたので、そこの「毎月お届け、集中ケアコース」です。

やってきたシマボシ(shimaboshi)のディープクレンジングジェル、とてもシンプルなパッケージでインテリアを邪魔することはありません。


私のシンプルな部屋にはピッタリです。

ふたを開けると良いにおいがして、これだけでもストレスが癒されそうです。


決して大きいとは言えないサイズですが、1度にマスカットの一粒程度の量しか使わないということで、充分1ヶ月持ちそうです。

手のひらで混ぜるとジェルがたちまちオイル状に、伸びが良いので顔全体にしっかりと広がって行きました。

毛穴が気になるところを中心にマッサージしながら馴染ませていると、顔がポカポカと温まって気持ちよかったです。

軽く馴染ませるだけでもメイクが浮き上がり、毛穴の黒ずみも油に溶け込んでいくのが分かります。

後はぬるま湯で洗い流してやれば終了です。

その後も確かに保湿感は続き、クレンジングをした時のツッパリ感は一切ありませんでした。

もちろんより綺麗なお肌を手に入れるためにも化粧水などのケアは行いましたが、先々肌のコンディションがが整ってくれば、これだけでも充分そうでした。

汚れが落ちたからかお肌のトーンが上がったような気がしました。

次の日のメイクはモチモチ肌に化粧品のなじみも良く、厚く塗りたくらなくとも、さっとひと撫ででファンデーションもいい感じについてくれたので、美容成分も私の肌にはあっているようでした。

★☆★ シマボシ(shimaboshi)のディープクレンジング…私の評価! ★☆★

良いところ!

私の年齢はすでにお肌の曲がり角を迎えてから、何年もたっています。

仕事は新しいプロジェクトにかかりっきりで毎日ストレスも溜まりますし、その影響からから肌の悩みは様々出てきている時期なのでしょう。

そしてこんなにも忙しい日常生活は、丁寧なスキンケアの暇さえ奪ってしまうのです。

最近は時短につながるオールインワン化粧品が流行ってますが、この年齢だと一つ一つの役割が十分でないと感じています。

後から美容液や保湿クリームなど足してやらなければならなくなってしまうので、結局はオールインワンのメリットを享受できないでいます。

その点シマボシ(shimaboshi)のクレンジングは1つで2役とそんなに多くの役割を果たすわけではありませんが、しっかりその両方の効果を実感できるのは良いところだと思います。

やはり綺麗になったお肌を見ていると気持ちも明るく、鏡を見るのが楽しくなってきますね。


悪いところ!

日頃はアイメイクとかはせず最低限で済ませているのですが、結婚式にお呼ばれした時にアイラインやアイブローとこだわった結果、その時のメイク落としには多少時間がかかってしまった感はあります。

普段濃いアイメイクをしてる人だったら、目元だけはイントメイク落としを、使い顔全体にはシマボシ(shimaboshi)のクレンジングと使い分けする必要があるかもしれません。

それからもうひとつシマボシ(shimaboshi)のクレンジングの悪いところを挙げるとするなら、夏場などは少しくどすぎるかもしれないということです。

お化粧を落としただけなのに、まるで美容液や化粧水をたっぷりと付けたかのような、もっちり感で保湿力が高いことはよく分かります。

私の肌はけっこう乾燥気味なのでこれで良いのですが、しかし、さっぱりが好みの方は夏場は合わないかもしれません。

季節によって使い分けというのも良いかのも知れませんね。


シマボシ(shimaboshi)で後悔?…唯一悪いところ《口コミでの評判》と最安値!のTOPに戻る

≪全成分表記≫
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、ジメチコン、オリーブ果実油、水、マルチトール、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、バチルス発酵物、PG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、オリゴペプチド-34、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、チャ葉エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、BG、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、フェノキシエタノール、ダマスクバラ花油、イランイラン花油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、ヒノキ油、マヨラナ葉油、レモングラス葉油、ショウガ根油



■LINK■